イオントフォレーシス療法とは?多汗症を治そう!

イオントフォレーシス療法というのを聞いたことありますか?療法て多汗症を治しましょう! - 手軽な治療法?イオンフォレーシス治療とは?

手軽な治療法?イオンフォレーシス治療とは?

イオンフォレーシス治療とはどんなものか知っていますか?手や足に使える治療法ですが、非常に手軽で副作用もあまりないとされている治療法です。特に手や足の多汗症で悩んでいる人は、どんな治療法なのかしっかりと知っておくと良いでしょう。しかし、どんな治療法にもメリットデメリットはあるので、まずはイオンフォレーシス治療の概要を知っておきましょう。

イオンフォレーシス治療ってどんなもの?

イオンフォレーシス治療は非常にシンプルな治療法です。水道水に手や足をひたした状態で、その水に電流を流します。そうすると電気分解によって水素イオンが生まれ、その水素イオンの働きにより汗が出ることを防ぐというものです。1回の治療も20分程度とされているので、短時間で手軽にできてしまいます。また副作用もあまりないようなので、そういった意味では良い治療法と言えます。

デメリットはないの?

基本的には良い治療法ですが、デメリットをあげるなら、継続して治療を行わなければならないということです。2週間に1回程度の通院で同じことを繰り返す必要があるので、そこは少し面倒かもしれません。またそれと同時に、行っている病院が少ないということもデメリットの一つです。自分の家から遠くにしかないと、通院するのも大変です。方法自体は良いものですが、その二つはデメリットとしてあります。
iuflify
かなり手軽にできるうえに効果も期待できるというのがイオンフォレーシス治療の特徴です。なので、まずは行っている病院が近くにあるかということを調べてみてはいかがでしょうか。近くにない場合、やはり2週間程度のペースで通院しなければならないので、2週間おきに遠くまで行くというのはちょっと厳しい部分があるかもしれません。
多汗症の治療法は、はっきりとした事は定められていないのが現状ですが、欧米では、イオントフォレーシス療法と言う治療法が良く行われているそうです。
日本でどのクリニックで行っているのかまでは明確になっていませんが、治療法の1つとして確立はされているようです。
イオントフォレーシス療法とはどのようなものなのでしょうか。

イオントフォレーシス療法とはどのようなもの?

水道水を浸したパッドを多汗症の部分にあてがい、弱い電流を流すと言う治療法です。
どんな効果があるの?と思う方も居る事でしょうが、弱い電流を流してやる事によって、汗の生成を制御する働きがあるそうです。
htrstrs
欧米では良く行われているそうですが、実はこの治療法は、日本人が1935年に東北大学で電流を種々の液体の中に通電する事で、発汗量を減少させる事が出来ると言う研究報告をしたのが最初なのだそうです。
イオントフォレーシス療法は、イオンが汗腺を攻撃して、発汗を抑えると言う効果があり、効果が出るまでに少し時間を要する事がデメリットです。
具体的な効果を実感できるようになるまでは、2週間から6週間程かかると言われており、多汗症の状態によっては効き目にも差があるようです。
定期的に施術を行う事で、効果を持続させる事が出来るので、多汗症だけど脱毛サロンに通っているような感覚で長い目で見て医療をする事が良いようです。

イオントフォレーシス療法は続ける事で効果を発揮する

施術を中止してしまうと中止後2か月から3か月程度で多汗症が再発してしまう事が多いと言われています。
多少面倒でもしっかりと通う事が効果を持続させる何よりの方法なのだそうです。
最近はインターネット通販でのキットも販売されているようなので、利用してみると良いでしょう。

更新情報